「あいさつ運動」がモデル指定 平成25年度 心の東京革命 推進モデルとして【かけはし86号】
0
     目黒中央中学校区 地域教育懇談会(地域懇)の「あいさつ運動」が、心の東京革命推進協議会から、平成25年度推進モデル(家庭、地域社会、学校が互いに協力しあい、地域ぐるみで子どもを育成する取り組み)として指定されました。「あいさつ運動」は平成23年度に企画し、同年10月から始めて、年2回実施し、今年6月で6回目となります。
    中央中の校門前で地域の人たちとあいさつを交わし合う
    中央中の校門前で地域の人たちとあいさつを交わし合う
     目黒中央中学校と、同校区内の中目黒・油面・五本木・鷹番・上目黒の各小学校の校門前で、登校時に児童・生徒・保護者・地域の大人があいさつ運動を行います。前回は3日間で延べ90人以上が参加しました。このほか、各校ごとにポスター作りなどの活動もします。
    心の東京革命推進モデル発表会にて(H26/2)
    心の東京革命推進モデル発表会にて(H26/2)
     この運動で子どもたちが「あいさつ隊」を作るきっかけになったり、参加者から「通学路の交通安全に関する気づきが得られた」「子どもたちの方から声をかけてもらえるようになった」などの声も寄せられています。
     地域懇は各中学校区ごとにあり、青少年委員は委員として会の運営にあたるなど積極的に参加しています。
     
    posted by: seishonen | 青少年委員会の活動 | 00:00 | - | - | - | - |